40代サラリーマンの成功するせどりビジネスの始め方

インターネット・せどり知識ゼロでも成功するのがせどりビジネスだ!

 プロフィール

はじめまして、ルッチと申します。


この度は、私のプロフィールをご覧いただき誠にありがとうございます。


いきなりですが皆様が我が子から言われてショックな事ってなんですか?


私はある人の一言が私の人生感を変えました。


今からお話する事は私の上司が退職される最後の日に私と会話した内容です。

ルッチ 「支店長、今までお疲れ様でした」

    「退職金も入ったのですから奥様とゆっくりしてくださいね」

支店長 「少ない退職金だけでは暮らせていけないよ」

    「給料も少なかったし・・・」

ルッチ 「支店長だったんですから給料良かったでしょう?」

支店長 「おまえはお気楽な奴だな~。俺の最後の給料額〇〇万だぞ」

ルッチ 「えっ長男さん確か東京の大学卒業しましたよね?」

支店長 「長男は大学行かせてやれたが次男は高校出て就職予定だよ」

ルッチ 「私は次男さんも大学進学すると思っていました」

支店長 「・・・」

    少し間が開いて、

    「酷な話だが会社の給料だけでは二人の子供を私立大学に行かせる余裕はない

    「俺は次男を大学に行かせてあげれなかった事を一生後悔して生きていくだろう
    
    「次男に悲しい目で”もういいよ”って言われて本当に自分が嫌になったよ

    「子供が進学したいと相談された時に胸張って行って来いと言える男になれ

ルッチ 「はい・・・」

この出来事があって数か月後に支店長とお会いできる機会があり
再度私に支店長は涙ながらに言いました。


次男さんは「もういいよ」という言葉を最後に口を閉ざしてしまい
うつ病と診断され就職先にも行けず引きこもりになったよ。



支店長は私に悔やんでも悔やみきれないって涙ながらに言いました。
そしてまた支店長からおまえは息子二人には無理してまでも行きたい
大学には絶対いかせてやれ。



この言葉が私にとって心を打ち抜かれました。


私は支店長を目指してまた早く支店長のようになりたくて
仕事を頑張ってきたので正直お話を聞いたときは愕然としました。


役職が上がる事を楽しみにしていましたが
一瞬で未来への不安と絶望に変わりました。


皆様なら子供に悲しい目でもういいよって言われたら耐えれますか?


私なら絶対耐えられません!


だから


「私は子供が行きたい大学には絶対行かせて人生後悔しない」


って心に誓いました。


そんな時に私がネットビジネスに足を踏み入れるきっかけになった


「せどり」


という誰でも簡単に稼げる方法




「簡単に言えば安く仕入れて高く売る」




これってインターネット・せどり知識の0の私でも稼げるのではないかと思いました。


給料+副業で未来を変えてみせると強く思ったのです。




ブログでは私ルッチが経済的にも精神的にも豊かになって
サラリーマン脱出する術を全て書いていきたいと思います。




ここまで読んだくれた皆様は
きっと日々時間に追われているサラリーマンからの
脱出と自分自身や皆様の家族が今後充実した人生を
送れるように願っているはずです。


私ルッチが皆さんに言いたい事はただ1つ!


「自分自身で限界を決めたら、そこで終わりのブザーが鳴るよ!」


人生に悔しい思いをしたり、勝負に負けて悔しかったり
負けたら悔しいに決まっていますよね。


悔しいって感情を持ったままで残りの人生を終わるか、
ここで行動を起こして自分自身の思い描く未来を手に
入れるかは皆さん次第です。


もたもたしていたらあっという間に定年を迎えてしまいますよ。


私と境遇が一緒の方、是非日々の私の生活をのぞいてみてくださいね。


絶対に子供から


「もういいよ」


って言われて一緒後悔しないようにお互い頑張りましょうね。


今から始めても遅くないのがせどりビジネスです。


サラリーマンの皆様、私と一緒に頑張っていきましょう。


最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。



2016年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

公開日:
最終更新日:2016/06/26