40代サラリーマンの成功するせどりビジネスの始め方

インターネット・せどり知識ゼロでも成功するのがせどりビジネスだ!

親子コーデでプロ野球観戦してきました。

      2016/07/06

親子コーデでプロ野球観戦してきたルッチです。


本日は2016年4月1日ですね。


今日は待ちに待った静岡県草薙総合運動場野球場で
パリーグのプロ野球公式戦が開催されました。


なんでルッチこんなに嬉しいかと申しますと
日本ハムファイターズに知り合いの息子さんが
在籍しているんですよ。




その名は




「増井投手」




言わずと知れた日本ハムファイターズの抑えのエースです。


現在増井投手は日本代表でもありますよね。


簡単に増井投手の説明を致しますと


所属 日本ハムファイターズ
名前 増井浩俊 
年齢 31歳
背番号 19
年俸 2億2000万円
プレミア12 日本代表



ドラフト5位入団ながらプロ入り1年目から活躍しました。


2012年にはシーズン50ホールドポイント獲得(パリーグ記録)


「最優秀中継ぎ投手」


に輝きました。


2014年からチーム事情でセットアッパーから抑えに転向し


2014年23セーブ・2015年39セーブでした。


投手としても成熟してきており150キロ超のストレートと
落差あるフォークボールを駆使して抑えに君臨しています。




まぁ増井投手の説明はこれくらいにして
日本ハム対ソフトバンクの観戦記をお話します。


家族全員で増井投手の凱旋登板を期待して
皆で日本ハムファイターズユニフォームを
着て応援しました。


野球観戦でしか「親子コーデ」出来ないですからね。


息子たちは嫌がっていましたが私お構いなしで着させましたよ。


私だけご満悦です。
そうそう自己中ってやつですね。


試合はというと初回に日本ハムの4番中田選手が
豪快に3ランホームランで大谷投手を援護です。


まじかでプロの選手のホームランの打球を見て
やはりすごいと思いました。


大谷投手も勝利投手の権利を持ったまま
降板しましたが・・・


8回にマーティン投手がピンチを広げ
待ちに待った増井投手の登板でした。


ルッチ「大声で増井投手頼むぞ~」
妻  「声でかすぎ~恥ずかしすぎ」
息子 「マジ辞めろ」


お構いなしで大声を上げていましたが




ルッチ「・・・」






妻  「大声出すからだわ~」
ルッチ「まじかぁ~」




増井投手まさかの暴投で同点に・・・。


そして2015年トリプルスリー達成の柳田選手登場


妻  「大声出さずに心の中で真剣に応援してろ」
ルッチ「承知しました」


ルッチ一生懸命心の中で祈ったんですよ。
そしたらですね


「柳田選手を見事見逃し三振」


妻  「試合終了まで心の中で応援したらきっと勝ちますよ」
   「ルッチが黙ってみていたらサヨナラ勝ちするんじゃない!?」
ルッチ「・・・」


9回裏はルッチ黙ってみていたんですね。


「結果は日本ハムファイターズのサヨナラ勝ちでした」


サヨナラ勝ちした瞬間息子が一言


「親父いなかったら簡単に勝ったんじゃね!?」


息子よおまえの言うとおりだわ


今日はちょっと凹んで帰ってきた次第です。


今日も私のプライベート記事に付き合って頂きありがとうございます。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

Follow me!

 - 日々の出来事