40代サラリーマンの成功するせどりビジネスの始め方

インターネット・せどり知識ゼロでも成功するのがせどりビジネスだ!

スポーツ選手にする方法【プロ野球選手を育てた子どもへの接し方】

      2016/07/16

スポーツ選手にする方法【プロ野球選手を育てた子どもへの接し方】

って知りたいと思いませんか?

今日は子供の日ですね。
皆さん子供をスポーツ選手にしようというお話です。

なぜかって。

それはですね~

私ルッチが昔から仲良くして頂いている日本ハム増井投手の
お父様とお会いした際にありがたいお話が聞けましたので
皆様にもお伝えしたいと思います。

日本ハム増井投手のお父様はどうのようにして息子達を
スポーツ選手(長男プロ野球選手)に育てた子どもへの

接し方をお聞きしました。

ルッチ  「どうしたら増井さんの息子さん達みたくなれますかね?」
増井お父様「特にないよ~」
ルッチ  「もったいぶってるな~」
増井お父様「違う違うだってやった事って息子達にフォローだけだよ」
ルッチ  「フォロー?ってなんですの?」
増井お父様「おまえ息子たちの試合見て怒ってばっかじゃないの?」
ルッチ  「はぁ~確かに観戦してると熱くなっちゃって」
増井お父様「子供を伸ばす方法一つ教えてあげるよ」

こういって増井お父様は優しい口調でお話し始めました。

練習や試合後に失敗したことに対してうるさい事は言わない。

これはやっている息子たちが失敗した事などは親より悔しがっている為
親から指摘されると逆効果になる。

私ルッチ言ってました。トホホです。

例えばこんな感じやり取りです。

ルッチ  「このプレーもっとこうしなければ駄目じゃん」
ルッチ息子「解ってるよ!うるさいなぁ~」

だから試合に勝った時やいいプレーをした気分の良い時に褒めた後に
悪かった点を指摘してあげると素直に聞くとの事。

増井お父様が実際に言っていた息子さんとのやり取りです。

増井お父様「今日はナイスピッチングだったね。
     「惜しかったのはあの回のあの場面だよなぁ」
     「次に修正したらもっと良くなるね」
息子さん 「そうだね」
     「あの場面は修正点だなぁ」

私ルッチ駄目な所ばかり指摘していました。
褒める事があまり出来ていませんでした。涙涙です。

そう言ってくれた後

プロ野球選手になった長男さんの事も語ってくれました。

長男さんは人との出会いが良かったと思う。

もちろん本人の努力頑張りはすごいと思う。

息子ぐらいの才能の持ち主は世の中で
ゴロゴロいる。

でも長男は上に行く為に、壁にぶつかったとき
そこでいつも頑張り諦めなかった。

負けたくない気持ちが必要なんだよね。

諦めていたら普通の人で終わっていたと思う。

頑張っていると野球の神様が見ていてくれて
調子が良い時、頑張っているから運が回ってくる。

好投している時にプロのスカウトマンの
目に留まっってプロの道が開けたんだよ。

私ルッチはこのありがたいお言葉を頂いて
自分の息子達がどうなのかと自問自答。

まだまだ甘いわ~って思うけど息子たちの好きな
スポーツを親も一緒になって応援してあげる事が
大事だなって思いました。

ではまとめです。

息子、娘さんの駄目な所を指摘するより
良いプレーを褒めた後、さりげなく悪い
所を指摘するべし!

これってスポーツだけでなく私生活でも
応用できますよね。

私ルッチは私生活でも応用して上手くいってますよ。

是非、皆さんも息子さんや娘さん達をスポーツ選手に
する時には是非、増井お父様のアドバイスを
取り入れてみてはいかがですか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 - 子育て